アイコン

園の紹介

本園の沿革ならびに
教育の理念

教育の理念

本園は、花見川団地が造られた際、一番最初の幼稚園として、昭和43年4月開設された干葉県公認の幼稚園です。
本園は、幼稚園・保育園の教育一元化の試みとして、希望者には、午後7時までの延長保育を実施し、働くお母様の御要望に応えることに致しました。また、保育内容を充実するために専門の先生による体育の指導や、漢字教育・音楽教室・英語教室など、新しい教育分野を取り入れ、園児の個性の伸張を計っております。

更に「子育て支援教室」を開設し、二歳児の保育にも取り組んでいます。

本園は、広い園庭を利用して、園児の身体の発達を促すとともに、豊かな知識を身につけるように、格段の努カをしていますが、教育の基本は、人間としての「まごころ」(真心)を培うことにあると考えます。「まごころの教育」を唱えて既に五十年以上になりますが、今後も多くの園児にこの教育理念を与えていきたいと思います。

教育理念

集団生活に適応できる
心身ともに健全で
心豊かな子どもを育成する

明るく丈夫な子ども

健康に必要な習慣を身につけ、戸外で元気に遊ぶ。

きまりを守り、
友だちと仲よくする子ども

集団生活に喜んで参加し、きまりを守り相手のことも考えて行動する。

よく考え、
工夫する子ども

自分で考えたり工夫したりして物事に取りくむ。

教育理念

園の特色

当園は、年少クラスの人数は少人数とし、年中・年長クラスでは、集団活動も学べるよう配慮したクラス編成にしています。お子様一人ひとりをしっかりみて、保護者の方とコミュニケーションを取りながら、家庭的な温かい保育をする事を目的としております。また、お仕事をお持ちのお母さま方の支援として、預かり保育を7時から19時まで行い、待機児童解消として2歳児クラス(子育て支援クラス)や、地域の子育て支援として毎月1回プレイルーム(無料園庭解放)等を行っています。

一方的に子どもたちに教えるばかりでなく、自分の目でよく見、聞いて、考えて自ら実行するカや自主性を育てるように努カしています。さらに健康で積極的な生活・学習態度を養いながら、それぞれの個性や才能を伸ばすために次の点にカを入れています。

「まことの心」を培う

「人と人の触れ合いを大切にし、思いやりのある人間性豊かな「まことの心」を育てる。

知能をのばす

「知能」は人間の能カの中核をなすもので、幼児期にもっともめざましく発達するものです。したがって幼稚園時代に、大脳に適切な刺激を与えることによっていっそうその発達がうながされます。

一、やる気をおこさせる 二、思考カ・創造カを養うことに心がけています。

からだづくりと
安全行動の実践

健康で強いからだをつくるために運動諸機能の発達を促し、自立心・判断カ・注意カ等の精神的要素を養います。

表現するカをつける

幼児なりに感動したことを描いたり、創造的な表現カをつける指導を行っています。音楽リズムの指導では、リズム感を養い音楽を楽しむ子に育てたいと思います。又、身体表現にも力を入れています。

特別教室

英語教室

英語教室

全学年、週に1度行います。
専任の講師を招き、遊びながら英語に親しむ機会を設けております。

漢字教育

漢字教育

担任が日々の保育の中に取り入れ、絵本に出てくる漢字を使って集中力を育みながら文字に興味が持てるよう取り組んでおります。
全学年行います。

音楽教室

音楽教室

年中児より行います。
専任の講師を招き、リトミックで体を動かしたり、ピアニカや様々な楽器に触れることにより音楽を楽しんでいます。

体操教室

体操教室

全学年、週に1度行います。
跳び箱・マット・鉄棒・縄跳び等様々な道具を使い運動能力をのばします。

希望者は、保育終了後に課外教室(まことスポーツクラブ・新体操教室)を行っています。